新年度予算が成立 財務省は猛省し、真相解明と再発防止を

皆様、大変ご無沙汰しております。参議院議員三浦のぶひろです。久方ぶりのメールマガジンの発行となりました。

昨日、平成30年度予算案が参議院本会議で賛成多数により可決され、これにより新年度予算が成立を致しました。「給付型奨学金」の本格実施・拡充、子育て支援、東日本大震災からの復興加速と地方創生などの予算も盛り込まれ、公明党の主張が大きく反映されました。私自身もこの通常国会の開会以降、予算委員会で3回、厚生労働委員会で1回、資源エネルギー調査会で2回の質問に立ち、皆様から頂戴したお声・ご要望を反映させる質疑に努めております。

昨日の予算委員会集中審議では、北京での中朝首脳会談を受けて、日本の対北朝鮮政策の効果について尋ねました。総理からは、「北朝鮮の側から話し合いを求めてきており制裁が効いている」との認識と、「来る日米首脳会談でトランプ大統領に改めて拉致問題解決の協力を求める」との意向が示されました。この発言は昨日から本日にかけて報道として数多く取り上げられ、国内はもとより世界へ政府見解としてリアルタイムで発信することとなりました。

また米中貿易摩擦による国内企業への影響を防ぐため、予算成立後の中小企業へのきめ細かな対応と予算の早期執行を安倍総理に強く要望しました。さらに米国の保護主義的通商政策による世界経済の縮小に備え、環太平洋連携協定(TPP11)の早期発効も訴えさせていただきました。総理からは事業承継税制の拡充などの政策を総動員し、中小事業者の生産性革命を推し進めるとの答弁がありました。

一方、財務省による決裁文書改ざん問題については、書き換えなどが二度となされないよう、財務省内の資料作成要領の明確化を強く促し、麻生財務大臣に対しても書類管理の在り方の改善、電子決裁システムの速やかな普及、一連の真相解明と対策に全力を尽くすように求めました。国民の信頼を失い、国会を冒涜、混乱させた財務省には責任を自覚し、猛省を促したいと思います。その上で、二度とこのような事態を起こさないよう、政府には徹底した真相解明と再発防止に期すことを求め、私たち与党も監視、バックアップをして参ります。

今年は先日閉幕した平昌パラリンピックの開会式に出席をし、東京2020に向けた関連施設の視察も行って参りました。また先週23日に全国フジテレビ系列で放映された「加藤浩次vs政治家」にも党を代表して出演させていただきました。青年局長として福島、兵庫、愛媛、山口、長崎、沖縄の各地で開かれてきたユース・トーク・ミーティング(青年懇談会)にも駆けつけ、今週末は秋田での懇談会に参加致します。
都内や神奈川の桜は満開を迎えており、来週からは新年度がスタートします。この春から新生活を始める方、新たな出発をされる方も多くいらっしゃると思います。私も決意を新たに、応援して下さる皆様方のご期待に応えられるよう、常に原点に立ち返りながら、引き続き全力で走り、働いてまいります!

30日の予算委員会で質問に立ちます

11月も月末となり、今年も残すところ後1ヶ月となりました。何かと慌ただしくなる年末を迎えますが、どうか無事故で、そして健康でお過ごしください。

第48回衆議院議員総選挙を終え、11月1日に特別国会が召集されました。現在、12月上旬までの予定で開会中です。

先の総選挙では、党員の皆さま、支援者の皆さまから多くのご支持・ご声援賜り、本当にありがとうございました。神奈川6区、一部比例区で力及ばず惨敗したこと、心よりお詫び申し上げます。捲土重来をふかく期して、再出発してまいります。改めて、党員・支持者の皆さまに深く深く感謝申し上げます。

さて、私三浦のぶひろは、この度、公明党青年局長の任を受けました。
先週20日には党本部で開催された「Qカレ」と題する学生懇談会に参加し、また25日には東京都調布市の須山妙子市議のお声掛けで開催された青年と語る会にお招きをいただきました。若者世代の皆様と教育費や平和、少子化対策や国会議員の日常など幅広いテーマでお話、交流ができました。また26日からは広島平和祈念資料館にて開催された、第3回ユース非核特使フォーラム(外務省主催)に、公明党青年委員会メンバーと共に出席し、核兵器廃絶を願う人類共通の、そして未来を担う高校・大学生の声をしっかりと受け止めてまいりました。これから、新たな青年世代の皆様からご支持いただけるよう、学生をはじめとした教育現場や青年の生の声を集め、政治へと繋げ実現していくために、全国に伺い奔走して参ります。

現在開かれている特別国会に公明党は、「全世代型社会保障」の構築や北朝鮮問題への対応、日本経済の再生など、衆院選でお訴えした公約の実現に向けて闘う場と位置付けて臨んでおります。

参議院では本日と明日にかけて予算委員会が開かれ、私も30日(木)に質問に立ちます。
質問の模様はNHKにて生中継される予定です。
予算委員会は、国民生活の向上のために、そして社会が抱えている難題、課題を解決するために、与野党ともに政治家一人一人が、真摯かつ真剣に審議を尽くすことが求められます。
私も公明党の一員として、国民目線を貫き、結果でお応えするために、全力で取り組んで参ります!

応援宜しくお願い致します!

通常国会が閉幕 初当選より1年

第193通常国会が、150日間の論戦を終え閉幕致しました。皆さまからの力強いご支援により初当選させていただき、初の通常国会。年度末に成立した本年度予算に加え、政府提出法案66の法案のうち、63件の法案を成立させることができました。

私自身、文教科学委員会で4回、東日本大震災復興特別委員会で2回、資源エネルギー調査会で3回の他、予算委員会2回、決算委員会、厚生労働委員会、環境委員会にてそれぞれ1回、質問に立たせていただきました。さらには、本会議において、給付型奨学金の制度を盛り込む日本学生支援機構法改正案について、自民党・公明党を代表して質問させていただきました。計15回、皆さまから頂戴したご意見・ご要望を反映させる質疑に努めました。

その中でも、給付型奨学金の創設は、「未来への投資」として歴史的な一歩を踏み出すことができました。また、はじめての予算委員会では、災害発生時の女性自衛官の活躍について安倍総理に質問。被災者へのきめ細かな対応が必要不可欠であり、女性自衛官による対応体制の充実強化は重要な課題であるとの一歩前進の答弁をいただきました。

また、メディアで連日報道された「テロ等準備罪」。徹夜国会を経て6月15日朝に成立し、7月11日に施行されテロを含む組織的な重大犯罪を未然に防ぐ対策が前進しています。さらに性犯罪に関する規定の抜本的な見直しで110年ぶりに現行刑法が改正され、7月13日に施行。国会が閉幕し、地元に戻る機会が多くなります。お会いする皆さまに、今国会の報告を丁寧に行っていくことを心がけてまいります。

7月10日で初当選からちょうど1年。決意を新たに、暑い夏のさなかに額に汗しながら、献身的に応援して下さった皆様方の事を思い浮かべながら、一人一人に寄り添う政治を目指して、全力で諸課題に取り組んで参ります!

 

都議選完勝!

東京都議会議員選挙が一昨日、投票、即日開票され都議会公明党は、21選挙区23候補の全員が当選を果たさせていただきました。全国からご支援賜りました党員・支持者の皆さまに心より御礼を申し上げます。大変にありがとうございました!

かつてない激戦であった今回の東京都議会議員選挙。私が応援させていただいた北多摩3区、中島よしお議員の初挑戦をなんとしても勝利したいと、調布市・狛江市の街頭遊説や各種会合に伺わさせていただきました。行く先々で、神奈川を始め全国から応援に来ていただいたこと、感謝の念に堪えません。

今回の都議選における争点は東京の未来。都政における諸課題を確実に改革し、政策を推進していける政治家を選ぶ選挙です。

公明党の強さは、政策実現力にあります。今回の都議選でアピールさせていただいた「私立高校授業料実質無償化」、「議員報酬2割削減」など、小池都知事と折衝を重ねての大きな成果であります。これまでの都政の結果を評価いただき、皆さまのご信任をいただいたと確信しております。

皆さまからいただいた声を都政に反映させ、安心・安全な街づくり、また2020年の東京オリンピック・パラリンピックの成功、「希望がゆきわたる国」づくりを、ネットワーク政党として連携を密に取りながら新たな決意で働いてまいります!