1 week ago

三浦のぶひろ

【厚生労働委員会にて質問】
昨日、厚生労働委員会にて加藤厚労相、高木厚生労働副大臣らに質問を致しました。

内容は、
・正社員とそれ以外の労働者の格差是正
・同一労働同一賃金
・均等待遇・均等待遇の取り組み
・無期転換ルールと本法整備との関係
・高度プロフェッショナル制度導入
・時間外労働の上限規制に関して
の6項目についてです。

同一労働同一賃金における退職金の待遇差の指摘については、「退職金についても不合理な待遇差の禁止の対象」となる旨の答弁がありました。

若い世代(25~34歳)の不本意非正規が占める割合の解消を求めたところ、「非正規から正規への転換を行う事業主への助成金などを通して対策を進める」旨の考えが示されました。

高度プロフェッショナル制度については、要件となる1075万円を越える賃金が業績不振などによって予定通り支払われないことになった場合、賃金不払いで労働基準監督署の指導の対象になる旨の確認ができました。

歴史的な改革である「働き方改革」。
引き続き、しっかりと議論を深め、皆さまの疑問や不安を解消してまいります!
... 全て表示短く表示

【厚生労働委員会にて質問】
昨日、厚生労働委員会にて加藤厚労相、高木厚生労働副大臣らに質問を致しました。

内容は、
・正社員とそれ以外の労働者の格差是正
・同一労働同一賃金
・均等待遇・均等待遇の取り組み
・無期転換ルールと本法整備との関係
・高度プロフェッショナル制度導入
・時間外労働の上限規制に関して
の6項目についてです。

同一労働同一賃金における退職金の待遇差の指摘については、「退職金についても不合理な待遇差の禁止の対象」となる旨の答弁がありました。

若い世代(25~34歳)の不本意非正規が占める割合の解消を求めたところ、「非正規から正規への転換を行う事業主への助成金などを通して対策を進める」旨の考えが示されました。

高度プロフェッショナル制度については、要件となる1075万円を越える賃金が業績不振などによって予定通り支払われないことになった場合、賃金不払いで労働基準監督署の指導の対象になる旨の確認ができました。

歴史的な改革である「働き方改革」。
引き続き、しっかりと議論を深め、皆さまの疑問や不安を解消してまいります!

 

Comment on Facebook

働き方改革とは違う話かもしれませんが 息子は障害があって 重度喘息もあるので仕事はバイト 発作が出ると休みも多いですが カバーする為に頼まれたら夕方の呼び出しに残業にずっと挑戦していましたが 先日 何年も頑張ってきた会社から 休みが多いから次休んだらクビと突然言われました バイトで障害年金 クビにならない為に診断書でも出せばいいのでしょうか? 会社とはそんなもんです

お疲れ様でした(^.^)(-.-)(__) 働き方改革💕若者に光を~💪👊😆🎵

抑、いつの間に非正規派遣社員制度が出来たのか?小泉政権の時でしょうか?(・・)正社員とアルバイトやパートならはっきりしていて分かりやすいのですが。(・o・)

日本企業の生き残りをかけた戦いも大変だと思いますが雇用が減っては。(・o・)❔

こんなぁ、支持母体の意見になんの反応もしないんですねぇ。遠山君と同じ穴のムジナ。

消費税最低十五%。(  ̄▽ ̄)

+ View more comments

1 week ago

三浦のぶひろ

【本会議にて質問】
6月4日(月)、時間外労働の上限規制などを盛り込んだ働き方改革関連法案が参議院本会議で審議入りし、安倍内閣総理大臣、加藤厚生労働大臣に質問しました。

内容は、
・働き方改革の意義
・時間外労働の上限規制
・労働時間の状況把握
・勤務間インターバル制度の導入
・高度プロフェッショナル制度の導入
・中小企業・小規模事業者の働き方改革
・労働者の公正な待遇の確保
の7項目です。

時間外労働の罰則付き上限規制については、史上初めてであり、戦後の労働基準法制定以来、70年ぶりの大改革になります。

加藤大臣からは、時間外労働の罰則付き規定としたことに関して、「労使の合意内容でその内容に沿って法定するもの、また、労使合意が上限水準までの協定を安易に締結するものではない」旨の答弁がありました。

安倍総理からは、高度プロフェッショナル制度について、「長時間労働を防止し健康を確保することは重要であり、在社時間等の把握、一定以上の休日の確保を使用者に義務付け、要件に違反すれば制度適用が認められず、罰則の対象」との答弁もありました。

現在、厚生労働委員会で議論が始まっています。国民の皆さまに制度をご理解いただくだめにも、しっかり議論を深め、日本の未来に必要な不可欠な「働き方改革」を進めてまいります。
... 全て表示短く表示

【本会議にて質問】
6月4日(月)、時間外労働の上限規制などを盛り込んだ働き方改革関連法案が参議院本会議で審議入りし、安倍内閣総理大臣、加藤厚生労働大臣に質問しました。

内容は、
・働き方改革の意義
・時間外労働の上限規制
・労働時間の状況把握
・勤務間インターバル制度の導入
・高度プロフェッショナル制度の導入
・中小企業・小規模事業者の働き方改革
・労働者の公正な待遇の確保
の7項目です。

時間外労働の罰則付き上限規制については、史上初めてであり、戦後の労働基準法制定以来、70年ぶりの大改革になります。

加藤大臣からは、時間外労働の罰則付き規定としたことに関して、「労使の合意内容でその内容に沿って法定するもの、また、労使合意が上限水準までの協定を安易に締結するものではない」旨の答弁がありました。

安倍総理からは、高度プロフェッショナル制度について、「長時間労働を防止し健康を確保することは重要であり、在社時間等の把握、一定以上の休日の確保を使用者に義務付け、要件に違反すれば制度適用が認められず、罰則の対象」との答弁もありました。

現在、厚生労働委員会で議論が始まっています。国民の皆さまに制度をご理解いただくだめにも、しっかり議論を深め、日本の未来に必要な不可欠な「働き方改革」を進めてまいります。

 

Comment on Facebook

お世話になっております☺公明党さん頑張って👊😆🎵

働き方改革 過労死を考えればよいところもあるけれど けども ! 待って!ですね💦 今のところかなり不服です〰

旧人類に働き方改革周知ヨロシク😉👍🎶お願いします🙇⤵ネ💓

それよりも、児童虐待問題に取り組まない議員を私は支持しません

働き方改革では、残業をなくして、ストレスない柔軟な働き方にして、育児休暇やテレワークの推進、満員電車ゼロを進めて欲しいです。

それをするなら非正規の労働者の賃金を上げないと働き過ぎ、働き過ぎと言っても働かないと一定の水準の生活が保てないから働くんですよ。ソコをわかってよ。 後、大衆と共にとうたっているなら児童虐待に真摯に向き合って!後、何人の子供が死ねば良いんですか? 未来の宝日本の宝を何人潰すきですか!

「罰則」の答弁を引き出したのはグッジョブだと思う。しかし、メディアは報道しない自由を炸裂させるでしょうけどね。

+ View more comments

2 weeks ago

三浦のぶひろ

【環境大臣申入れ】
先週金曜日、府川開成町長、前田せつよ開成町議会議員(公明党)、佐々木さやか参院議員とともに環境省を訪れ中川環境大臣へ申入れを行いました。

申し入れ内容は、ZEB(ゼロ・エネルギー・ビル)化事業を30年度以降も継続を求めるものです。現在、開成町庁舎は、このZEB化事業を活用し建て替えを行っていますが、本事業予算が30年度までとなっており、31年度にも継続をして行けるように要望しました。

地球温暖化対策は、二酸化炭素排出などの抑制が欠かせません。環境にやさしい街づくりを目指し、引き続きネットワーク政党として前進させてまいります。
... 全て表示短く表示

【環境大臣申入れ】
先週金曜日、府川開成町長、前田せつよ開成町議会議員(公明党)、佐々木さやか参院議員とともに環境省を訪れ中川環境大臣へ申入れを行いました。

申し入れ内容は、ZEB(ゼロ・エネルギー・ビル)化事業を30年度以降も継続を求めるものです。現在、開成町庁舎は、このZEB化事業を活用し建て替えを行っていますが、本事業予算が30年度までとなっており、31年度にも継続をして行けるように要望しました。

地球温暖化対策は、二酸化炭素排出などの抑制が欠かせません。環境にやさしい街づくりを目指し、引き続きネットワーク政党として前進させてまいります。